ドミトリー物語2/3

ヨッ者ー!|髙山慎之助

さぁここからは実施設計や。材料はどうするん?組み立て方はどうするん?どうやって間仕切り壁を取り外せるようにするん?

机上の空論で終わるわけにはいかへん!解決せえへんとあかん課題はまだまだあってん。

材料は日本三大美林である吉野杉を用いて塗料は完全植物由来のものを選んで、木のぬくもりをごっつぅ感じることができて、人の体に優しい仕上げにしてん。

くみ上げ方は何も考えずに組んでいくとどこかではまらへん部材が出てきてしまうから、連日かなりの数のシュミレーションして、無理なく組みあがる順番を見つけ出すのには苦労したわ。

最後に間仕切り壁や。手軽に寝床を変形できて、しっかりと壁としての機能も果たし、簡単に取り外せるけど、簡単に外れないようにしいひんとあかん。

この矛盾をどう解決するんや。

これは、ジャングルジムを形作る木材自体に先に溝を作る加工をして襖や障子などの建具と同じ仕組みで付け外しできるようにして解決してん。

我ながらうまいこと考えたと思うわ。

前の記事はこちら!

2021.02.11

ドミトリーづくりの思い出

次の記事はこちら!

2021.02.14

ドミトリー物語3/3

ヨッ者ー!

髙山慎之助

地域・所属
レガサルト株式会社 / 京都工芸繊維大学卒業
秘めたる思い
淡路島を第二の故郷に

詳細はこちら

  • 廃校プロジェクト

    でっかい廃校の活用は、自由度MAXで夢は広がる!

    洲本市五色町の山中にある廃校を所有する企業から「学生パワーでリノベーションしてほしい」というオーダーが洲本市に寄せられた! 校舎が3棟に体育館や運動場…

上にもどる