ドミトリー物語3/3

ヨッ者ー!|髙山慎之助

いよいよ廃校に材料がとどいて現場での施工が始まって、部材の加工と塗装だけでも数週間かかる予定やってん。実際の建築現場で使われるような作業工程表を真似して、できるだけ早く施工できるように念入りに予定を立ててん。みんなのチームワークも合わさってみるみる部材が完成していったわ。ほんま圧巻やったで!

作業期間中はお弁当を作っていったり、屋上で日向ぼっこをしたり、作業以外にも楽しみが盛りだくさんやったで。

いよいよ部材がそろって、ここまで時間がかかったのがウソかのように二日間でいっきに組みあがってん。龍谷大学のみんなも手伝いに来てくれて、大きなジャングルジムをせいので動かして、やっとの思いで組みあげてん。間仕切り壁の加工も終わって、入口のカーテンやはしごも付いてやっと完成したわ。

完成したドミトリーは童心に帰って遊べるようなフレキシブルでユニークなものになったで。

これからたくさんの人がここに泊まって、遊んでくれるのがとても楽しみやわ!

前の記事はこちら!

2021.02.14

ドミトリー物語2/3

次の記事はこちら!

2021.02.14

ドミトリー物語1/3

ヨッ者ー!

髙山慎之助

地域・所属
レガサルト株式会社 / 京都工芸繊維大学卒業
秘めたる思い
淡路島を第二の故郷に

詳細はこちら

  • 廃校プロジェクト

    でっかい廃校の活用は、自由度MAXで夢は広がる!

    洲本市五色町の山中にある廃校を所有する企業から「学生パワーでリノベーションしてほしい」というオーダーが洲本市に寄せられた! 校舎が3棟に体育館や運動場…

上にもどる