おもろいの学校#04”おもろさ”を伝え拡げるために

ヨッ者ー!|さくらいさん

#04 ”おもろさ”を伝え拡げるために

日時:2021年1月31日(日)16:00~19:50
参加者:46名
ゲスト:ローカルジャーナリスト 田中輝美 氏
プログラム
〇講演 ”おもろさ”を伝え拡げるために
〇対談 内と外をつなぐ情報発信
○3つのローカルプロジェクトの成果発表

「おもろい」の学校 総合アドバイザー 田中輝美氏から、情報の伝え方やローカルメディアの作り方について教えていただきました。情報は知ってもらって終わりではなく、受け取った人や社会性との関わりしろが必要。頑張っているけれどここが足りない、と言われると関われる。地域の外だけではなく、中の人も面白がって地域をつくっていくと、関係人口ではない、違うものになっていくという話がありました。

おもろさを伝えるヒント!
・コンセプトを決めることが一番大切。時間をかけてしっかり考える
・届けたい人を明確に。読み手の立場で考える
・情報を盛らない。バズらなくてもいい。正しく伝える
・上手くなるには、たくさん書くこと。意見をもらって直す、この繰り返し
・感性を磨く、夢中になるものを見つける

前の記事はこちら!

2021.02.11

おもろいの学校#03ビジネスと“おもろさ”の両立

次の記事はこちら!

2021.02.11

企画(想定)どおりだった点

ヨッ者ー!

さくらいさん

地域・所属
大学と地域をつなぐ仕事。龍谷大学政策学部 / 実践型教育プランナー
秘めたる思い
引っ越しの多い根なし草だから、ふるさとに留まってがんばる人に超憧れる。 / 鳥の目と虫の目を同時にもつ人でありたい。

詳細はこちら

  • おもろいの学校

    全国初!淡路島洲本市から始まる「おもろいの学校」

    これからの地方に必要なものは、おもろいをつらぬく偏愛と、同じ志をもつ仲間だ。 地域と若者によるプロジェクトが数多く生まれ続けている淡路島洲本市。 この…

上にもどる