おもろいの学校#02“おもろい”企画の作り方

ヨッ者ー!|さくらいさん

#02 “おもろい”企画の作り方

日時:2020年10月17日 (土) 13:00~16:40
参加者:41名
ゲスト:面白法人カヤック 代表取締役CEO 柳澤大輔氏
ローカルジャーナリスト 田中輝美氏
プログラム
〇講演 ”おもろい”企画のつくりかた
○3つのローカルプロジェクトの提案
〇ワークショップ プロジェクトを”おもろく”する

鎌倉市で面白法人カヤックを創業しゲーム制作やオンライン事業を手掛ける柳澤氏から、おもろい企画のつくりかた、ブレーンストーミングの方法を学びました。Googleのキーワード検索で増えているワードにはビジネスのチャンスがある、他の業界で成功している新しい技術やツールを常に意識している、アイデアを事業化するときは一番盛り上がったものや成功経験のある人が選ぶと良いというアドバイスをいただきました。

おもろい企画をつくるヒント!
・その土地のもつ雰囲気が価値を決める
・自分が幸せになるために面白がる
・受け身ではなく、主体的になると面白い
・後から入った人もつくる側になる体験
・仲間のアイデアに乗っかる。相手のアイデアも自分のアイデアのようになる
・とにかくたくさんの数を出す

前の記事はこちら!

2021.02.11

おもろいの学校#01地域が躍動する“おもろい”のチカラ

次の記事はこちら!

2021.02.11

おもろいの学校#03ビジネスと“おもろさ”の両立

ヨッ者ー!

さくらいさん

地域・所属
大学と地域をつなぐ仕事。龍谷大学政策学部 / 実践型教育プランナー
秘めたる思い
引っ越しの多い根なし草だから、ふるさとに留まってがんばる人に超憧れる。 / 鳥の目と虫の目を同時にもつ人でありたい。

詳細はこちら

  • おもろいの学校

    全国初!淡路島洲本市から始まる「おもろいの学校」

    これからの地方に必要なものは、おもろいをつらぬく偏愛と、同じ志をもつ仲間だ。 地域と若者によるプロジェクトが数多く生まれ続けている淡路島洲本市。 この…

上にもどる