ドミトリーづくりの思い出

ヨッ者ー!|髙山慎之助

廃校での思い出話、僕と神吉さんは廃校のプロジェクト担当として動いてました。
ドミトリーのアイデアなどは相談せずとも神吉さんとはいつも意見がバッチリ合うのですぐに自然にあの案にたどり着いた覚えがあります。
人手がたくさん必要な作業が多くて工程作っても多すぎてそれをまた読むのに苦労してました。
廃校の作業あたりから龍谷大学のみんなとも絡みが増えて楽しかったです。
廃校の近くにはご飯食べるところがないのでお弁当をよく作って持って行ってました。お弁当箱なんてなかったので、ダンボールで作ったお弁当箱でした。
廃校では校舎全体で鬼ごっこしたり、屋根に登ってみたり、作ったドミトリーで遊んだり、子供心に戻って遊べる場所でした。(僕は今でも自他共に認める子供ですが笑)
まだまだ廃校全体としては手をかけれるところがたくさんあるので、今後現役生とも引き続き進めていくであろうプロジェクトが楽しみです。

次の記事はこちら!

2021.02.14

ドミトリー物語2/3

ヨッ者ー!

髙山慎之助

地域・所属
レガサルト株式会社 / 京都工芸繊維大学卒業
秘めたる思い
淡路島を第二の故郷に

詳細はこちら

  • 廃校プロジェクト

    でっかい廃校の活用は、自由度MAXで夢は広がる!

    洲本市五色町の山中にある廃校を所有する企業から「学生パワーでリノベーションしてほしい」というオーダーが洲本市に寄せられた! 校舎が3棟に体育館や運動場…

上にもどる