おもろいの学校#01地域が躍動する“おもろい”のチカラ

ヨッ者ー!|さくらいさん

#01 地域が躍動する“おもろい”のチカラ
日時:2020年9月13日(日)19:00~22:30
参加者:117人
ゲスト:studio-L代表 山崎 亮氏
ローカルジャーナリスト 田中輝美氏
プログラム
〇対談 地域が躍動する“おもろい”のチカラ
〇洲本の関係人口紹介
龍谷大学、大森谷里山保全隊Rijin、京都工芸繊維大学、東京都立大学、京都大学エスノ3ジョウ
〇座談会 洲本市と関係人口のポテンシャル

コミュニティデザイナーの山崎氏、ローカルジャーナリストの田中氏と一緒に「おもろい」とは何かを掘り下げました。「おもろい」を作れると信じた人が集まると、活発な意見や発想の飛距離が生まれる。大事なのは「おもろしくしたい」という気持ちで、やっている人が楽しめないと、結果として生み出されるものはおもろくない、などの指摘がありました。

おもろくなるヒント!
・意外な言葉の組み合わせから生まれるのではないか
・目に見えないものに価値がある
・~すべき、正しさだけでは、人はついてこない
・仲間とともに困難を乗り越えるところに、おもろさがある

関係人口
・関係人口のやることがおもろいほど、地域住民は参加する。しかし参画につながるのか?
・スーパーな人が外から来ると、依存してしまいがち。スーパーさを抑えて内発的発展が重要
・地元はしたたかで、隠れミッションを持って学生と活動している
・おじいちゃん、おばあちゃんにもスーパーがある。それらをシェアする関係性を作りたい

次の記事はこちら!

2021.02.11

おもろいの学校#02“おもろい”企画の作り方

ヨッ者ー!

さくらいさん

地域・所属
大学と地域をつなぐ仕事。龍谷大学政策学部 / 実践型教育プランナー
秘めたる思い
引っ越しの多い根なし草だから、ふるさとに留まってがんばる人に超憧れる。 / 鳥の目と虫の目を同時にもつ人でありたい。

詳細はこちら

  • おもろいの学校

    全国初!淡路島洲本市から始まる「おもろいの学校」

    これからの地方に必要なものは、おもろいをつらぬく偏愛と、同じ志をもつ仲間だ。 地域と若者によるプロジェクトが数多く生まれ続けている淡路島洲本市。 この…

上にもどる