竹に特化したご当地缶詰「ゴトカン」事業

ヨッ者ー!|辻三奈

ゴトカン事業は、洲本市中川原にある株式会社アイナスさんのお世話になりました。 販売する缶詰の中身は竹! 竹の自販機って見た事ないよね。自動販売機を広告ラッピングしてが24時間PR出来るといいよね。放置竹林について地元の人を始め沢山の方に知ってもらうきっかけになればいいな。「ゴトカンが設置されてるから行ってみよう」と設置する地域に足を運ぶキッカケになるといいな。 メンバーとアイデアを出し合いました。 新しいご縁で繋がった方にデザインを担当してもらいました。 「足を止めて自販機に近づいてきてもらうには?」とこのデザインに。

広告塔としてデザインした自販機は、地元の人、竹林所有者の方へのPRに。 販売している缶詰は地元の方はもちろん、観光客の方がお土産に。 域学連携でお世話になっている龍谷大学政策学部洲本プロジェクト竹ビジネス班の学生さんとコラボした缶詰も販売しています。 鮎原米・あわじ島ちく・学生さん考案のレシピ集の入った「きょうの晩ご缶」 あわじ島ちくと学生さん考案のレシピ集の入った「きょうのつまみで一缶」等全6種類の竹商品が販売中です。

2021年10月〜11月はコーナン洲本インター店様に設置させて頂きました。 2021年12月〜2022年1月は洲本市街地にあるコモード56商店街様に設置させて頂きました。 2022年2月〜3月は五色町のウェルネスパーク五色様に設置しています。 竹のゴトカンは今年度(令和3年)いっぱいの事業となります。是非一度足を運び「竹の自販機見に来てみらんかぁ〜。」

前の記事はこちら!

2021.02.11

それぞれが得意な分野でワクワク活動すると和がうまれる

ヨッ者ー!

  • あわじ里山プロジェクト

    足元の価値を見直す、竹林活用と淡路島産メンマ作り

    洲本市も見渡せば竹林。全国で課題となっている放置竹林。洲本市も同様に増加の一途をたどっています。手入れされなくなった竹林は獣害や災害の温床になっていま…

上にもどる